「全国クレサラ・生活再建問題対策協議会」の書籍販売

書籍一覧 > 書籍詳細 > カート  > レジ:購入者情報入力 > 入力確認 > 購入完了

 

2002年「クレサラ白書」



 
書籍名 2002年「クレサラ白書」
著 者 クレサラ白書編集委員会
発行年

2002

数量
 

 

価  格 2,000円
送 料 160円


2002年「クレサラ白書」高金利社会を斬る!なぜクレサラ被害は無くならないのか目次 目次

はじめに 全国クレジット・サラ金問題対策協議会 代表幹事 甲斐道太郎
ご挨拶 第22回全国クレ・サラ・ヤミ金・商工ローン被害者交流集会 実行委員長 弁護士 橋本明夫

第1章 基調報告
「高利貸しのない社会」を実現するために 橋本明夫

第2章 「高利貸し」とは何か…違法営業・不当融資の実態と問題点
消費者金融業の実態 御木威
業界の雄 武富士の素顔 今瞭美
サラ金業最大手「武富士」商法を問う 新里宏二
大手消費者金融会社について 白井康彦
日栄元社員による対日栄訴訟の現状と刑事告発の経過 河野聡
ヤミ金融の諸問題 木村佑二
クレジット契約をめぐる最近の現状 千葉肇
公正証書・強制執行の諸問題 今瞭美


第3章 多重債務被害の実態と被害者の会の役割
案内ハガキは限度額30万円申し込むと手取り35,000円一週間で利息3万円 Y.A.
「転落の法則」 尾崎和久
自己破産そしてヤミ金融へ 都市銀行支店長からの転職 K.T.
被害者の会の活動 峯松健
金沢あすなろ会の活動について 川畑岩未
大分県貸金業協会とのクレサラ被害者支援活動を巡る紛争の総括 河野聡

第4章 被害救済の実践(1) 法的救済の立場から
ヤミ金融への対応策 江野栄
日掛け金融への対応策 辻泰弘
年金担保の違法性と闘い方 植田勝博
年金担保被害の実態と救済のありかた 関井正博
最近の商工ローン訴訟の実態 茆原洋子
特定調停の現状と国家賠償訴訟について 水谷英二
特定調停における調査嘱託の申立の活用について 大田原俊輔
銀行等相手の元本割れ特定調停の報告 椛島敏雅
個人再生手続の実績と若干の問題点 小松洋一郎
過払金返還請求集団訴訟の経過報告 上杉雅央
整理屋・紹介屋提携弁護士による被害の実態と対策 宇都宮健児

第5章 被害救済の実践(2) 多角的救済を求めて
ギャンブルなどによる多重債務者への精神医学的なアプローチ 岩崎正人
多重債務の相談現場から 松本康二
クレ・サラ問題と行政の役割 隅防俊幸・小坂正人

第6章 高利貸しのない社会を目指して(1)
金利引き下げ対策 宇都宮健児

第7章 高利貸しのない社会を目指して(2)
サラ金テレビCMの現状と問題点 中野赫子
サラ金広告の中止を求めて 新里宏二

第8章 クレサラ運動の成果と課題
クレ・サラ・商工ローン運動の現状と課題 木村達也

資料編