「全国クレサラ・生活再建問題対策協議会」の書籍販売

書籍一覧 > 書籍詳細 > カート  > レジ:購入者情報入力 > 入力確認 > 購入完了

 

高金利・悪質金融とのたたかい方 サラ金二法改正と最高裁新判例を受けて



 
書籍名 高金利・悪質金融とのたたかい方 サラ金二法改正と最高裁新判例を受けて
著 者 全国クレジット・サラ金問題対策協議会
発行年

2004

数量
 

 

価  格 2,500円
送 料 160円


目次 はじめに

第1章 貸金業規制法・出資法の2003年改正の概要

1節 改正の経緯と改正法の概要
1 改正の経緯
2 改正法の概要
3 改正法の問題点

2節 改正法のここが活用できる

第2章 最高裁第二小法廷平成16年2月20日判決

1節 最高裁平成16年2月20日判決の解説と射程
1 最高裁平成16年2月20日判決
2 最高裁判決の判示事項
3 本判決の貸金業規制法43条の解釈に及ぼす意義
4 イッコーに対する最高裁平成16年7月9日判決
5 最高裁判決後のSFCGの動向
6 最高裁判決のSFCGの各所面への射程

2節 最高裁判決のここが活用できる
1 43条はどのようにして作られたか
2 43条を認める判決の底流にある政策判断と政策判断からの脱却
3 返済の際の借主の意思(債務総額の減少)と充当の意思表示
4 対SFCG弁論要旨の違憲論と最判平成16年2月20日
5 滝井繁男補足意見と任意性の復権と契約書面の実質的な判り易さ
6 705条の判例
7 18条要件の内閣府令による緩和の是非
8 天引・先払計算の主張、個別取引の主張、過払後の貸付の充当問題
9 まとめ

3節 最高裁平成16年2月20日判決のシティズ訴訟への活用
1 滝井補足意見
2 反対説について
3 残された課題
4 期限の利益喪失約款の実体法上の効果
5 貸金業法43条のもとにおける期限の利益喪失約款の効力
6 シティズ訴訟への活用

第3章 仮差押え・差押えに対する対策

1節 SFCGの司法テロに対する対応
1 法的手続きの濫用の問題(防御の問題)
2 過払い請求、和解について

2節 あるべき公証人制度に向けて
1 なぜ公証人制度なのか?
2 訪独調査(本年3月20日〜3月28日)
3 ドイツの現状と法改正
4 我々が求める3つの原則
5 さらに改正が必要な点
6 中間的課題 ー 任用制度の改善

第4章 取引履歴開示と過払い金返還請求の到達点

1節 取引履歴開示の最先端
1 取引履歴開示実務の最先端
2 貸金業者の開示拒否とその対策
3 CFJ過払金返還一斉提訴
4 債券譲渡・営業譲渡と過払金返還請求について

2節 過払い金返還請求の最先端
1 金利計算に関する問題提訴(弁済日不算入説)
2 「三洋信販」過払い金一斉提訴の取り組み
3 対しんわ弁護団の報告
4 被害者の会における過払い金返還請求の取り組み

第5章 司法書士の簡裁代理権とクレサラ訴訟の最先端

1節 認定司法書士と簡裁代理権の現場報告
1 はじめに
2 簡裁訴訟代理関係業務の事物的範囲
3 債券調査の位置づけ
4 認定司法書士の出現と実務の変容
5 おわりに

2節 貸金業者に対する時効援用の主張と債務承認の再抗弁等
1 代理1年
2 消費者の劣位性の利用
3 武富士の時効債権請求の実務
4 被告事件

第6章 ヤミ金融対策の最先端

1節 ヤミ金融規制法成立とその後の状況
1 ヤミ金融撲滅の闘い(ヤミ金心中3人の命を無駄にするな)
2 道、県、自治体でヤミ金融緊急会議が作られた
3 ヤミ金融業者らの「お悔やみ電報」に対し、NTT西日本を提訴(18名)
4 ヤミ金融全国一斉集団告発
5 ヤミ金融撲滅運動が「ヤミ金の帝王」逮捕に追いつめる
6 ヤミ金融対策法施行後の全国での被害状況

2節 ヤミ金対策・過払い金取り戻しの最先端
1 ヤミ金とは何か
2 利息の計算方法
3 法律上の効果
4 処理方法
5 再発を防ぐために
6 ヤミ金・おれおれ詐欺・架空請求撲滅運動

3節 ヤミ金融対策、司法書士の取り組み
1 はじめに
2 ヤミ金融業者との闘い方の基本
3 チケット金融との闘い方
4 最後に

第7章 改正破産法の適正な運用に向けて

索引1 事項索引一覧
索引2 判例索引一覧
資料1 全国の弁護士会の法律相談窓口一覧
資料2 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会加盟団体